So-net無料ブログ作成

【おもしろ雑学】鬼子母神の『鬼』には角がない [雑学]

当て字に関する【おもしろ雑学】です。

映画「男はつらいよ」の寅さんの口上『恐れ入り
やの鬼子母神』でも知られる『鬼子母神』

この『鬼子母神』に使われる『鬼』という字は、
私たちが通常使う『鬼』とは少し違うんです。

それは、『鬼子母神』という神の由来?逸話?に
関係しているのです。

楽天リンク(おすすめ商品)


その逸話というのは、
『鬼子母神』は、夜叉毘沙門天の部下の武将八大
夜叉大将の妻で、500人(一説には千人or1万人)
の子の母でありながら、常に人間の子を捕えて食
べてしまう為、多くの人間から恐れられていた

それを見かねた釈迦は、人間を救うと共に彼女も
救済することを意図して、彼女が最も愛していた
末子・愛奴児を隠した。

彼女は半狂乱となって世界中を7日間探し回った
が発見するには至らず、助けを求めて釈迦に縋る
こととなる。

そこで釈迦は、子を失う親の苦しみを悟らせ、仏
法に帰依させた。

そうして彼女は仏法の守護神となり、また、子供
と安産の守り神となった。

盗難除けの守護ともされる。

さて、通常使う『鬼』とは、どう違うのか?

上記の逸話のように、彼女『鬼子母神』は、お釈
迦様に導かれ、『鬼』から『神』に転身出来た
です。

『鬼』では無くなった。
テーション1.jpg
『鬼』の象徴である「角」がとれたのです。
(1画目のチョンが無くなりました。

楽天リンク(Travel)


各地の『鬼子母神』を集めました。
図1.png
「角」が無いのが解りますよね。

【おもしろ雑学】今日の豆知識
過去記事まとめ

------------------------------------




------------------------------------




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
スポンサーリンク

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。